TV・新聞・ネット(ipad) ぐるっといわき

Youtubeでipadを見ていたら、この数年でメディアは大変身するんじゃないか?とふと思いました。

以下は勝手に妄想したことを書いてます^^;


以前にぐるっといわきのTVCMを流そうとしたら、あるテレビ局の方にネットがますます普及するから微妙なんですよ~~と言われたことがあります。

そう考えると、ネットの悪い所は大々的にテレビや新聞で放映されますが、楽天・YAHOO・新商品ipadの素晴らしさなどの特集はみたことがないです。インターネットの素晴らしさを取り上げるとTV・新聞の価値を下げるからあえて取り上げないのかなと思ってしまいます。


私が大手家電メーカーの社長だったら、ネットの普及率が国民の4人のうち3人ににまでなっているのであれば、ネットの中で独自のチャンネルを創るかもしれません。

テレビにもLANの端子は標準で付いてますしアクトビラなどはネットTVの幕開けを予感させます。

テレビCMで告知してもそれを見て検索してくれる方が恐ろしく低いことは私も実験済みです。
だからこそTVの宣伝費に大手企業ほどお金をかけなくなっているのです。CMは告知する媒体であって購入に導く媒体はネットというふうに使い分けしないといけないはずです。

であれば、ドラマなどがネットTVで配信され出演者の着ている服やクルマが気になれば、リモコン一つでそのメーカーのその商品のページが引き出せれば便利かなと思います。

これはブランド力の高い商品ほどドラマのシチュエーションなどにより商品価値が上がり、うまく購入したときのイメージ化ができるので効果アリ!

あとは、そこで買ってしまえば自宅に届く。そんなシステムがあったら企業はテレビCMに投資するよりも遥かに費用対効果において高いコストパフォーマンスを示すこのコンテンツに投資してくるはずです。

その結果、家電メーカーは家電製品を売るだけではなく、広告費の収入も入ってくるので収益改善にも繋がります。今の現状では大手家電量販店の圧力がひどいだけですから、いい意味でメディア力をつけて対等の立場で商談が出来るかもですね^^

このパターンの方が雇用も生まれますし、技術開発の資金も調達できるので輸出も伸び更に雇用が増やせます。

あと数年でこれが普通になると考えたうえで、ぐるっといわきも進化させていきます。

というかこのコンテンツを創ってしまえばいいのかな??



[PR]
by guruttoiwaki | 2010-05-30 13:37 | インターネットの動き
<< いわき市の源平とラパン ぐるっ... いわき駅前にあるDrink&F... >>