3.11大震災から今までの道のりbyぐるっといわき

3.11 ちょうどFCTにて満ぷくナビリニューアルの件で打ち合わせをするために郡山に向かう。

13:27 応接室にて記念写真をなぜか撮る。

f0157182_225385.jpg


14:46 室長の携帯から聞いたことがない警告音が鳴る。

味わったことのない激しい揺れが建物を襲う。

コンクリートのいたるところにヒビが入り、悲鳴が聞こえる。
ふと、外を見るとマンションがありえないくらい左右に揺れている。

そして、津波。

昔からセブンイレブンを経営することが夢だった叔父の店。
OPENからずっとバイトをしていた私にとって思い出の店。
f0157182_2210122.jpg


その後、原発のニュースが入る。

爆発。
f0157182_2211555.jpg


会津は大雪。
灯油、ガソリンが県内全域で無くなる。
f0157182_22155969.jpg


3月12日~ 会社をしめてから、ずっとガソリン・生活・原発の情報をぐるっといわきにて更新し続ける。

もうこのときは、会社がどうなるとか放射能の影響とかを考えるより、身近に生死を意識するくらい物が不足し移動するにもガソリンが無くなっていた絶望的な状況。


3月21日より会社再開。

東洋システムの庄司社長からガソリンを調達するから命を守る人、本当に困っている人に無料で提供しようと電話が入る。

産婦人科、病院、介護施設、津波で家を流された方がいる避難所に数日間配布。

刻々と状況が悪化する原発。

それでも、避難しない理由は「福島」で生まれ育って「いわき」で起業して今に至るから。

「今」が自分のすべて。

人はいずれ死ぬのだから、やれるだけのことはやってみようと思いFCTの担当の方に電話。

ぐるっと郡山&満ぷくナビをOPENさせることを伝える。

6月より行動開始。

すべての店舗に私が行って直接、経営者・管理者と話をすると心に決めたのは自分の想いを人が代わりに伝えることはできないと思ったから。

そして、7月からは、郡山在住のスタッフ「くまちゃん」が入りやっと本日「ぐるっと郡山&満ぷくナビ」がOPENしました。

f0157182_22503913.jpg



お祝いはしません。

まだまだ、大変なことが多くそんな気分になれない状況です。

このポータルサイトで地域経済の活性を担い、求人の情報をリアルタイムに出していくことで少しでも雇用を増やしていければ幸いです。

そして「いまのふくしま」をネットから世界に配信し現状を知って頂きたいと思います。

まだ、あきらめません。

今よりも前に一歩づつ未来がよくなるよう進みます。
[PR]
by guruttoiwaki | 2011-08-01 22:58 | インターネットの動き
<< 祝10周年!Pub DELIC... 地域密着型幼稚園 「わかぎ幼稚... >>