【ぐるっとグループ】は何処へ向かうのか?

2008年12月に書いたブログをふと目にしました。

タイトル「新ぐるっといわき」の未来予測

重要キーワード

①【iwaxi】:ツイッターやフェイスブックが誕生する前に作られたいわき市のSNSを当社で1年間だけ運営し、その後、元の運営者に譲渡したサイトです。このときに培ったノウハウは、新しいシステム開発のベースとなり、テストバージョンを繰り返しながらやっと完成形が見えてきました。


②【郡山、会津、福島でも同じシステムで稼働させる考え】:2011年8月 ぐるっと郡山、翌月 ぐるっと会津が立ち上がり。そして・・・・


③【ネットからリアルへ導く新世代の情報媒体が日本で初登場】:YAHOO,グーグルを超える新しい検索ポータルを目指しています。

④【求人広告】:紙の情報だけでは求人を出しているお店の中身が見えない。もっと働く人の立場にたって情報を出してほしい。


⑤【いい会社といい人材のめぐりあわせ】:日本は少子高齢化が急激に進んでおり、経済が衰退しています。その中で生き残るのには、必死に動いている事業所と必死に考える人材がいるところだけです。

ということで、ブログを書いて4年ほど経過しましたが、あの当時、将来のビジョンを熱く語ってもなかなか信じて貰えなかったのを覚えています。

けど、「思えば叶う」。

①地元の人、お店の人がお互いに交流できるシステムが間もなく完成し、ツイッターやFBを超える地元用のSNSを近日OPENさせます。

②残りは福島市?? はい、年内OPEN予定で動いています。これで、ブログで書いたことは達成です^^
ちなみに会津は、喜多方の老麺会が一挙に加入し、郡山市ではあのビルのテナントが今月末に一挙に加入し、公開されます。 今の元気な福島を世界に知って頂くためにはネットからの発信が一番です!

③地域情報サイトは地元の人が心を込めて作り上げるもの。どこの大手にも負けない情報が集まるサイトを運営していけば、いずれ日本一になります。もうそろそろ発表してもいい時期だと思いますので書きますが、ぐるっとのシステムは、実は日本で100のエリアで稼働しています。今年10月に長野県で全ポータルサイトの経営者が集まり、オーナーズカンファレンスを開催します。そこで当社が講演をし「日本一のポータルとなるために全サイトが融合するシステム」を提案します。大企業相手に今後はバナー広告などの商談が出来る体制にしていく予定です。

④働く人の立場、店舗の取り組みを知って頂くために当社はここまでの求人用ページを作ります→ 
やきとり大吉いわき平店 求人ページ
今後は、身体に障害を持った方や高齢者、短時間労働希望の女性の雇用を増やすために、どういった方法が良いのかを考えています。

⑤うちの会社は少ないスタッフでがむしゃらに働いています。けど、休みは休み。有給休暇はきちんと消化してもらいます。あと、帰りたいのに帰れない雰囲気の職場が大っ嫌いです。
HP制作会社でテレビCMを放映しているのは県内でも珍しいと思いますが、人と逆の事しかやらない会社ですので不況の時は目立った動きをし、景気がいい時はふかーーい奥底で動きます(笑)
ユーザー、加盟店さまには今よりもメリットをだし、社員には2年以内に年収+100万にすることを目標としています。目標というよりは、必ずやります。


2012年9月、現在、ぐるっとグループの月間アクセス数は月間100万アクセスを超えています(グーグルADプランナー計測)。これは、地域情報サイトとしては東北ナンバー1のアクセスとなっているはずです。
あとは、今のシステムを更に磨きをかけ、大手に勝負を挑んでいきます。

来年からは、福島の企業が日本制覇を目指します。





[PR]
by guruttoiwaki | 2012-09-17 16:28 | インターネットの動き
<< 4000万のスーパーカー 夢の... さんま塩焼き定食旨かった~(*... >>