最近、経営者になりたいと相談されます。byぐるっといわき

ここ最近、経営者になりたいので相談に乗ってくださいといわれることが多くなりました。

私も経営者になって、6年目ですので正直どんな答え方をしたらいいかわかりません^^;

自分が経験したなかでアドバイスを出来ることと言えば、

・運営資金として、1000万は必要。失敗したら捨てる覚悟で設立。
・会社設立時は1年間は無給、数年間は無休。
・知識は広く深く。

こんなところです。

多くの方がこれだけの売上げ予測があるので・・・と言われますが、予測は予測。
運営資金に余裕がないまま会社や店舗をOPENさせた方は潰れています。

そして、経営者となった以上は、従業員とその家族、お客様の全ての責任を持ち、みなさんを支える努力をし、相当なプレッシャーを日々感じることとなります。

私自身は、外出先、深夜、運転中、いろんな場面で仕事のことを考えています。
そこまで没頭しないと会社は成長しないはず。


話は変わりますが、他社を訪問した際に、うちの社長は・・・・・と冗談交じりに言われることがあります。
私もサラリーマンだったとき、若い時に言ったことがあります。

しかし、今となれば家族を犠牲にしてまで仕事をし、借金をしてまで資金を投入していることを考えれば、精神的、肉体的負担を考えれば経営者は、従業員より給料はもらって当然です。
見えないところで休みなく、2倍、3倍と知恵を絞って行動して動いているのですから。

それでも欧米の経営者と比較すれば、日本の社長の報酬は、圧倒的に低い水準にあるのが実情なんですが(笑)

ですから、給料に関しての相談は働いた分はしっかりもらってくださいとお話しています。


最後に

今、働いている会社は設立から何年目ですか?

国税庁の統計情報(2010年発表)によると、日本の法人企業数は約258万社あるそうです。
法人企業の設立年数ごとの倒産または解散する確率は、下記の通りです。


【設立年数ごとの倒産または解散する確率】
設立3年以内:35%
設立5年以内:85%
設立10年以内:93.7%
設立20年以内:99.7%
設立30年以内:99.975%

30年以上続く会社はほとんどないんですねTT

ぐるっといわきも15%の中に入れてよかったです。

ここまで動いてやっとこのメンバーに入れるのかと思うと、逆に経営者になりたいと相談されたら辛いから辞めたほうがいいよ。会社員の時のほうが給料いいよと言ってしまいそうです。

それだけ覚悟が必要です。
[PR]
by guruttoiwaki | 2013-08-16 18:27 | インターネットの動き
<< 洋服とカフェBARが楽しめるお... あの夢体験を再び…。第2回レク... >>