「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年1月にぐるっといわきの大抽選会が開催されます!

ぐるっといわきの会員様へお知らせです!!

2011年1月11日に遂に大抽選会が開催されます。

今回の商品は

飲食店さまからは、お食事券が続々と。。。。

美容室・整体様からは無料施術券が!!と、内容は今までで一番あるのではないでしょうか。

年明けに順次、抽選会の景品をUPしていきますのでご期待ください!

*この抽選会は、ぐるっといわきの会員になられている方のみ参加できます。
0ポイントから抽選会に参加できる商品やポイントを使って高確率で当たる商品などもあります。

ポイントの貯め方は簡単、ログイン後クチコミを投稿したり、スロットマシンを回したりなどいろいろ楽しみながら貯めることが出来ます。

まだ、会員登録をされていな方はこちらから出来ます!→会員登録はこちら
[PR]
by guruttoiwaki | 2010-12-22 09:23 | いわき市の地域・観光情報

匠「たくみ」 をきわめた大工職人が作る家具!? by ぐるっといわき

みなさんは、『渡○篤の建物○訪』とか『劇○ビフォー○フター』って好きですか? 私は、毎週、楽しみにしている番組の一つです。

こんなのあったら良いな~ステキ~! とか この匠センスあるな~! とか、いやっこれは無しだなっ! とか評価したりして、気楽に想像して楽しめるので好きなんです。

誰もが、いつかはマイホームを・・・リフォームを・・・と考えますよね。 建築の事はよく解らないけれど、一生の買い物だから、妥協したくない、だから信頼出来る人(建築のプロ)との出会いがもっとも重要なんですよね。

まずは、左右の建物をご覧ください。
f0157182_14274031.jpg

右側は、木の文化である日本古来の建築法「在来木造工法」で建てられた、和の建物
左側は、アメリカ生まれの「2×4工法」で建てられた一際目を引く大きさの、洋の建物

まさに対照的!!!

今回は、この二つの建築法を、手掛けている、いわき市下高久にあります有限会社フジシンさんへ行ってまいりました。

以前、フジシンさんのニュースの中で面白い物を発見!! 大工が作る家具??? 
「まあ~大工さんだから、手先は器用だしっ上手に決まってるじゃな~い」なんて、ちょっと高を括っていたのですが(フジシンさんごめんなさい)

見れば、何々、無垢杉材だけで作るローボード??? 贅沢~!! よく見ると作りが家具とは違う???  釘とかない???

これは、社長に直接お話をお聞きせねば と訪問 こちらが佐藤社長 渋いでしょ。^^
(話している時には、満面の笑顔なのに、いざカメラを向けると真顔になってしまう社長^^)

f0157182_14261734.jpg

家具の話の前に、まずは、「在来木造工法」と「2×4工法」との出会い、違いについて質問

Q 在来木造工法との出会いは・・・。
昔は、東京で大工をしていた社長、木が持つ自然の素材感や表情が、デザインや設計の中で生かされる伝統的な職人の技といえるこの工法、機械には出来ない匠の技を、次の世代へと受け継いで行きたい、大工 の時代~今もなお基本となっているフジシンさんの工法だそうです。

Q 2×4との出会いは・・・。
数十年前 でも第一印象は、最悪? 大工として在来木造工法こそが、建築と熱い信念を持っていた佐藤青年にとって、アメリカ生まれの2×4に反発心を持ったのを覚えているそうです。しかし、大工としての技術を磨いているうちに、在来とは、また違う2×4の魅力に気づき、スタート!始めた当初10年間で、ハウスメーカーなどのご依頼で市内には5~60ものお家を手掛けたそうですよ。

で、2×4って何? となりますよね!   社長は、簡単に私にも解り易いように説明してくれましたよ。2×4とは・・・柱を使わずに、壁の中に柱の役目となる技術を施すことで、間仕切りや柱のない広大なお部屋や建物が実現出来る造り、身近な建物で、みなさんご存知の東京駅も2×4です!!!

Q 本題へ 家具作りを始めたきっかけは・・・。
元々、家具が大好きで、昔、デザインから設計、施工、販売もしていた経験のある社長。
今回、作り始めている家具は、機械を一切使わずに手鋸・手鉋・金槌と大工道具だけで作る在来木材工法の家具、何処にもない建築工法による家具なんです。 

そこには好きだから、だけではない深い意味もありました。

最近では、生活様式やニーズに合わせた様々な、建築方法が出来、あっという間に家が建つ、それは決して悪いことではない。

けれども、その結果、流れ作業の様に一つの行程だけ繰り返す職人が増えることで、大工職人が持っていた技術も衰え・・・育たず・・・といった事が今起っている と社長は嘆きます。

いくら機械化が進んだと言っても、職人がいなくなったら家は建たない、だから、一から十まで、すべて一人で造れる職人を育てたい。今、職人を育てる事をしなければ、という未来を見据えた考えもあっての試みでした。

空いた時間に、若い職人の技術向上の一環としての取り組みでもあるので、少しずつ出来あがる家具達ですが、フジシンさんの家造り同様 妥協のない作り!

こちらが在来木造工法で造られた【無垢杉材のローボード】 もちろん釘はいっさい使っていません。
f0157182_14412064.jpg

家具好きの方も、無垢や檜といった木がお好きな方にも、是非~見て頂きたい!! 
自然な木の年輪は、模様となってデザインに・・・肌で触れたくなる木の温もりがあって、重厚で凄くかっこいい~です!! 

実際、あれを見たら心惹かれる方多いと思いますよ。

数が多くなってきたら、展示も考えていると言っていたので、これは、要チェックです! その時は、ぐるっとのイベント掲示板でお知らせして貰いますね!

今は、高久小近くの寺務所を施工中、これは天井、玄関~各部屋すべて違ったデザインでした。
f0157182_14404176.jpg

ちなみに、こちらのお寺の山門もフジシンさん施工!!(ニュースに写真載ってます)
山門こそ職人の手仕事じゃないと出来ない技の塊に見えました!!1ミリ以下のくるいもない技術、凄すぎです!! (大雑把な私には、ない世界なのかも^^;)

これは頂いた柏槇(びゃくしん)の木で作られた、花器などを置く敷物!
f0157182_14354735.jpg

海沿いに多く生息するヒノキ科の常緑針葉樹だそうで、表面に柿渋が塗られています。
カッコイイでしょ~!!木には息吹を感じるから、ず~っと撫で撫でしたくなりました。作業場には、100年前の梁や木材・建具とかもありましたよ~。

佐藤社長は多趣味 ゴルフに盆栽・陶芸などなど、(まだまだありそうな様子でしたよ^^) 
「きっと器用貧乏なんだよな~」と言っていましたが、陶芸なんて、御宅に窯と轆轤(ろくろ)3台があって、市美展に入賞している腕前、 趣味の域を超えてますよね~!!!

その幅広い趣味が建築のデザインや設計に生かされてるのは間違いなさそうです。

佐藤社長、お忙しい中ありがとうございました木の魅力を再確認した取材でした。

いわき市の在来木造工法・2×4工法なら  「有限会社 フジシン」  はこちらから

by せきちゃん^^
[PR]
by guruttoiwaki | 2010-12-21 15:20 | スタッフ取材日記

いわき市のグルメランチ 向志満の特上鮨byぐるっといわき

ブログの更新が遅くなって申し訳ございません!!

やっと向志満の特上鮨を食べにいけたので画像をUP。

f0157182_20918.jpg


ウニとマグロの小鉢。

粒々のウニが濃厚な味わいでマグロと絡めてちょっとワサビを・・・

f0157182_20105990.jpg
f0157182_2011839.jpg


数の子、トロなど贅沢な握りがドンドン出てきます。

アナゴも口に含んだ瞬間にやわらかさを感じ、味付けが絶妙でした。

カウンターは女性陣で満席。

う~~ん、贅沢なランチを美味しそうに食べてらっしゃる。

たまには雰囲気のあるカウンター席でお寿司なんていいですね^^

いわき市の寿司|江戸前 鮨 向志満
[PR]
by guruttoiwaki | 2010-12-20 20:15 | いわき市のグルメ・ランチ

色が変わるお酒と美味しい生ハムbyぐるっといわき

先週の週末にmixi忘年会が行われ、その帰りに一人でBar QUEENにふらっと立ち寄りました。

そこで頂いたのがコレ。

f0157182_1558272.jpg

f0157182_15582834.jpg


大きな大きな生ハムです!

マスターが丁寧にカットしてくれまして、美味しい食べ方まで教えて頂きました。
ドライフルーツと一緒に食べるとまた違う風味が楽しめます。

そんな生ハムとピッタリなのが下のお酒です。

f0157182_1625429.jpg


ペルノというお酒なんですね~~!

このお酒はある方から教えて頂いて飲んでみたのですが、独特の香りと味がして美味しくて最近はまってます。

簡単に言うと、ハミガキ粉の味!?

お酒があまり飲めないのでうまく表現できませんがそんな味です(笑)

一度、飲んでみてください^^

ちなみに色がなぜか変わった画像が記録にあるのですが、どうして変わったんだろう・・・

f0157182_16521864.jpg

f0157182_16523274.jpg
f0157182_16524452.jpg


いい楽曲と落ち着いた空間で、時の流れを楽しむ
Music&Bar QUEEN(ミュージック&バー クイーン)
[PR]
by guruttoiwaki | 2010-12-14 16:56 | いわき市のグルメ・ランチ